クレジットをショップにて使用する際もれなく経験したことがおありかと思いますが店頭の人がわかっていないためにどのレシートをお客さんへ対して渡すのかわかっていないことがある。クレジットを利用すると専用端末の方から3枚1組の明細というものが印字されるからであり、このレシートのうちどの紙を客側へ渡してよいものかどうかわからないというものだ。3枚の利用レシートの正体とは)上で述べた複数の明細レシートの内容は何なのかをまとめると↓の通りです。1利用者に渡す使用レシート。2店舗控え用の明細。3カード会社保管用利用明細(記名を書く紙)。通常であれば必ずお客様の方に渡さなければいけない紙をもらうものですが稀に、お店の控え使用明細をお客様に間違えて渡してしまったという場合であったり、サインした方の明細レシートを渡すようなといった事例すら見受けられるのです。このケースはパート店員の場合や、さほどクレジットカードが利用されるケースの少ないお店で使おうとするとそれらの店舗従業員の戸惑いを拝見することが出来ることでしょう。もし店舗従業員が上述のように使用明細というものを提示してきた時には、怒らずに「これじゃありませんよ」と言ってあげてほしいものです。